RESERVATION
MENU
  • HOME
  • BLOG
  • 冬の肩こり対策は、手袋&フェイスタオル!

BLOG

  • からだのこと
  • スタッフ日記
  • グッズ&フード
  • 広尾のこと
  • お知らせ

冬の肩こり対策は、手袋&フェイスタオル!

written by

渋谷区広尾にあるコンディショニングルーム『TEETER TOTTER』の髙宮です。

冬になると肩こり症状が辛くなるという皆さま。
“手袋”“フェイスタオル”を使って肩こり対策をしましょう!


【外出時は手袋をする】

冬の時期、肩こり症状が辛くなる方にお話を伺うと、上着のポケットに手を入れて歩いているという方が多くいらっしゃいます。
この寒さ対策が、肩こり症状を辛くしているのです。

上着のポケットは、入れたものが出し入れしやすいよう身体の前側についています。
そのため、ポケットに手を入れると腕の重みで上半身が前に傾き、猫背になるやすくなります。
猫背にならないようにと背中を伸ばしても手を置いている位置の関係で、肩が前に引っ張られやすくなります。
また、ポケットの位置が腕を降りした位置より高い部分についているため、上着が下に引っ張られ肩に掛かる負担も増えてしまいます。
手袋をすることで肩への負担が減り、腕をしっかり振って歩くことが出来るため身体も暖まりやすくなりま

【フェイスタオルで肩甲骨を動かして肩こり解消】
12月に入り寒さもどんどん厳しくなり、寒さ対策をしていても洋服の隙間から入ってくる冷たい風によって身体が固まりやすくなります。
特に寒いと肩をすくめやすいため、身体が冷え切った日は湯槽に浸かりながらフェイスタオルで肩甲骨を動かしましょう!
のぼせやすい方は、しっかり暖まってお風呂上がりに暖かい格好で行ってください(^-^)/

身体が温まってきたらフェイスタオルの端を持ち、両手を頭上まで上げ両腕を真っ直ぐ伸ばし身体を横に倒しましょう。
脇の下〜横のお腹を伸ばします。


①と同様に頭上に両腕を上げたら、肘を後ろに引くように曲げ背中側にタオルを下ろします。
肘を下げられる位置まで下ろしたら、また頭上まで腕を伸ばします。
肩甲骨を下げるように意識し、腰を反らないように注意しましょう。


両手を下ろし、フェイスタオルは背中側に回して持ちます。
肘を伸ばしタオルを身体から離すように後ろへ持ち上げます。
肩甲骨を寄せるよう意識し、腰を反らないよう注意しましょう。

これからさらに冷え込みも厳しくなってきますので、外出時には手袋をお忘れなく、帰宅後はお風呂で温まり肩甲骨をほぐして肩こり知らずの身体を手に入れましょう!

担当:髙宮

TEETER TOTTERは
あなたの10年後のアクティブライフを支えていきます


Warning: Use of undefined constant   - assumed ' ' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/users/2/teeter01/web/teeter-totter.tokyo/www/wp-content/themes/teeter-totter-6/single-blog.php on line 26

CATEGORY

  • からだのこと
  • スタッフ日記
  • グッズ&フード
  • 広尾のこと
  • お知らせ