RESERVATION
MENU
  • HOME
  • BLOG
  • WFATTへ参加してきました

BLOG

  • からだのこと
  • スタッフ日記
  • グッズ&フード
  • 広尾のこと
  • お知らせ

WFATTへ参加してきました

written by TATSUKI NAGAO

コンディショニングルーム『TEETER TOTTER』の長尾です。
5月11日、12日の2日間、幕張メッセで開催された学会へ参加してきました。

WFATT(WORLD FEDERATION OF ATHLETIC TRAINING & THERAPY)とは

プロ、アマ問わず身体活動が活発な全ての方へ向けたトレーニング&セラピーの組織です。
今回は10回目のコングレスが初の日本開催ということで会場まで足を運んできました。運営はアメリカで資格を取得してきたアスレティックトレーナー(ATC)の日本団体、JATOです。

トレーナーというとトレーニングを専門とするパーソナルトレーナーがイメージされますが、「アスレティックトレーナー」は「身体の相談屋」という位置付けでトレーニング以外にも幅広い知識を求められる職業です。
なんとも形容しがたいのですが私の言葉で表現すると「自分の身体に意識が向いたとき、初めに相談されるひと」という感じです。便利屋のような職業なので、職域が定義しづらく同じアスレティックトレーナーの資格を有している人でも、得意な職域に差があります。この辺りは職業の認知度が上がりにくい要因だと考えています。しかし世界規模でアスレティックトレーナーの活動を見ると、アメリカでは海軍でトレーニングプログラムの監修をしたり、大手企業に健康の専門家として雇用されたりと活躍の場が広がっているようでした。MBAを同時に取得されている方もいて、健康や高齢化対策が世界共通の課題にされている昨今、ますます需要が高まることを感じます。

身体の不調は予防できる

日本ではまだまだ調子が悪くなってから病院へ行くという意識が強いです。文化背景や国の制度によって醸成された部分も大きいと思いますが、自分の身体に関心と責任を持って行動する、疑問に思うことは直ぐに調べることを続けるだけで、マイナートラブルは改善されることが多くあります。例えば、今回の学会で2日間座り続けた私は、股関節やお尻の筋肉と周辺組織に負担がかかり腰痛になりました。リカバリーに家で30分程度のストレッチを2日間やっています。
毎日オフィスで座りっぱなしの生活をしていたら、慢性的な腰痛を患っていたと思います。身体を動かすことの大切さを実感した2日間でした。

日常生活に運動を取り入れて欲しい

TEETER TOTTERに来店される多くのお客様も運動不足から症状を発している方が多いです。忙しい仕事、スポーツの定着していない生活環境、便利な移動手段と、現代社会は動かなくても良いように設計されています。
激しい運動やスポーツをする必要はありません、駅で階段を使う、一駅分歩く、タクシーに乗らないなど出来るところから自分の活動量を上げてみてください。

 

TEETER TOTTERは、
あなたの10年後のアクティブライフを支えていきます

 

マネジャー 長尾


Warning: Use of undefined constant   - assumed ' ' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/users/2/teeter01/web/teeter-totter.tokyo/www/wp-content/themes/teeter-totter-6/single-blog.php on line 26

CATEGORY

  • からだのこと
  • スタッフ日記
  • グッズ&フード
  • 広尾のこと
  • お知らせ