RESERVATION
MENU
  • HOME
  • BLOG
  • スタッフの気まぐれ日記・スカイベリー編

BLOG

  • からだのこと
  • スタッフ日記
  • グッズ&フード
  • 広尾のこと
  • お知らせ

スタッフの気まぐれ日記・スカイベリー編

written by TERUE TAKAMIYA

 

皆さま、こんにちは。
高宮です(*^_^*)

先日、私の田舎。栃木県佐野市へ行ってきました。
と言うのも、私の祖父母の代からイチゴを作っており、今は従兄が継いでいるので
この時期に行くと新鮮で美味しいイチゴが食べられるのです。
IMG_1106今は『スカイベリー』が最盛期です。
『スカイベリー』をご存知でない方のために簡単にご紹介させていただきます。
イチゴ生産高日本一の『いちご王国とちぎ』が『とちおとめ』の後継とし県が改良した新品種のイチゴです。
500円玉が小さく見えるぐらい、一粒一粒がとにかく大きくてキレイ、甘さと酸味のバランスが良く、とっても瑞々しいのが特徴です。
IMG_1118そして、東京でも美味しいイチゴを食べたい!と、いうことで正しいイチゴの選び方を聞いた所『色艶が良い』そして、何より大切なのが『イチゴの良い香りがすること』だそうです。
見た目が良くても香りが無いものは、味もイマイチ…だそうです。

イチゴ畑には形が悪く市場には出せないイチゴも沢山あるのですが、その中から選んで貰ったイチゴは本当に甘くて美味しかったです。
1イチゴと、いうことは美味しいのに形が悪いというだけで安くなっているイチゴも山の様に市場に出ているのです。
是非、色艶が良く、良い香りのイチゴを選んでみて下さい!
FullSizeRenderそして、イチゴを食べるときはヘタを取りヘタ側から食べて下さい。
イチゴは先にいくほど糖度が高くなるため、甘いイチゴをよりおいしくお召し上がりいただけます。
イチゴここからは、イチゴにたっぷり含まれている栄養素のお話しです。

①ビタミンC
イチゴを7~8粒食べることで一日のビタミンC摂取推奨量をクリアできるそうです。
美肌効果は有名ですが、コラーゲンの生成を促し、シワ・シミ予防の働きも期待できます。
ただし、体内で作ることができなく、ストレスや喫煙・副流煙、コーヒーなどで失われてしまいます。
心当たりのある環境の方は、新鮮な生イチゴを積極的に摂り、若々しい肌を保ちましょう!
カロリーも低いため、ダイエット中の方も安心です。

②アントシアニン
イチゴの赤い色素成分で、ポリフェノールの一種。
眼精疲労回復、眼の中の瞳孔・水晶体の働きを良くする毛細血管の保護により血行を良くする効果が期待されるほか、活性酸素を減らしがん予防にも効果があるとも言われています。
ただし、熱や光に弱いため、召し上がる時は生食をお勧めします。

③エラグ酸
高い抗酸化機能、抗炎症性、抗菌性、抗がん作用、動脈硬化予防作用が期待される成分で、ビタミンCと同様、肌に良いと言われているそうで特に美白作用が期待されるそうです。
また、エラグ酸は熱にも強いためイチゴジャムとして召し上がっていただくのもお勧めです。

最近では、季節に関係なくフルーツや野菜を食べられるようになってきましたが
やはり旬のものを食べることが栄養学的にもお財布にも最高です。
栃木『スカイベリー』是非お試しください!

Tuning・MD担当 高宮

CATEGORY

  • からだのこと
  • スタッフ日記
  • グッズ&フード
  • 広尾のこと
  • お知らせ