RESERVATION
MENU
  • HOME
  • BLOG
  • 手首が痛い!正体は腱鞘炎?!

BLOG

  • からだのこと
  • スタッフ日記
  • グッズ&フード
  • 広尾のこと
  • お知らせ

手首が痛い!正体は腱鞘炎?!

written by DAISUKE SHIOKAWA

渋谷区広尾にあるコンディショニングルーム『TEETER TOTTER』の塩川です。

腱鞘炎というと,以前ブログで書かせていただいた「親指側が痛む腱鞘炎」をイメージする方が多いかと思います.
以前の腱鞘炎ブログはこちらから

手首・親指が痛い!ママさん腱鞘炎
〈 http://www.teeter-totter.tokyo/blog/1462.html 〉

「ママさん腱鞘炎」解説編
〈  http://www.teeter-totter.tokyo/blog/1647.html  〉

この腱鞘炎以外にお子様を抱っこをしたり,ヨガ・ピラティスなど運動で床に手をついて「ズキっ!!」とした痛みを経験した方はいらっしゃいませんか?
私もマッサージのやり過ぎで手首が痛める事があります。
「手首の痛みや重ダルさ」を感じ,手首に湿布を貼る方が多いようです.

そんな痛みを我慢している方に【手首が痛い!腱鞘炎?!】をお伝えします.

手首の腱鞘炎にはこんな特徴があります.

・抱っこをすると痛む.
・手首を反らすと痛む.
・床につくと痛む.
・ボールを投げると痛む.

これらの症状は手首の「屈筋腱」に問題があります.

手首の「屈筋腱」は,肘から指先まで伸びている筋肉と繋がっています。

手を床についたり,負担のかかる動作を続ける事で炎症が起こり,痛みが長期間続きます.

セルフケアではなかなか解消できないため,TEETER TOTTERではマッサージや鍼を使って対処します.

痛みの度合いや期間,範囲によって治癒時期は変わってきます.

また,骨に異常がある場合には,以下の症状が長期間続きます.

・手首の背側を押すと痛む
・腫れ
・熱感
・痛みが長引く

上記のケースでは,手首の骨が圧迫される「キーンベック病」かもしれません.痛みが酷い場合は,整形外科の受診をお勧めします.

腱鞘炎は手の使い方に問題があるため,原因を突き止めることで早期に治癒することもあります.
取り敢えず我慢して…とあまり楽観視せず,是非一度ご相談ください.

担当:塩川

TEETER TOTTERは
あなたの10年後のアクティブライフを支えていきます

CATEGORY

  • からだのこと
  • スタッフ日記
  • グッズ&フード
  • 広尾のこと
  • お知らせ