RESERVATION
MENU
  • HOME
  • BLOG
  • 原因不明の腰痛、足の痺れ解消法

BLOG

  • からだのこと
  • スタッフ日記
  • グッズ&フード
  • 広尾のこと
  • お知らせ

原因不明の腰痛、足の痺れ解消法

written by DAISUKE SHIOKAWA

広尾にあるTEETER TOTTERの塩川です。

“腰痛シリーズ”3回目です。

今回は、オフィスワークでお尻~足に痺れや違和感、痛みがあり『もしかして、ヘルニア…!?』と、病院で診てもらったら何でもなかったという皆さまへ、原因と改善策をご紹介いたします。

 
<ヘルニアではないのに痺れる原因>
整形外科的には、腰痛85%は原因不明のものと言われています。
では、整形外科的に原因不明の腰痛、そして足の痺れの原因は何なのでしょうか?

まず、ヘルニアの痺れについてご説明します。
ヘルニアの痺れは、椎間板(ついかんばん)という背骨の間でクッションの役割をしている軟骨の一部が飛び出し、神経を圧迫することで起こります。
ヘルニア 坐骨神経痛3これが整形外科的に診て、ヘルニアと呼ばれる状態です。

今回のように整形外科的に問題がない場合の痺れは、“お尻の筋肉”である梨状筋(りじょうきん)が原因かもしれません!

梨状筋の下には、坐骨神経(ざこつしんけい)という太い神経が通っています。
ヘルニア 坐骨神経痛2この梨状筋が硬くなると坐骨神経を圧迫してしまい、お尻~足に向かい痺れや違和感、痛みが出てしまうのです。

デスクワークの場合、梨状筋に長時間体重がかかっているため血流が悪くなり固まりやすく痺れの原因を作ってしまいます。

これが原因不明の腰痛、足のしびれの最も多い原因です!

 
<腰痛&痺れを改善するために>
今回の場合の対処法としては、緊張した梨状筋をゆるめることが必要です。
梨状筋を直接マッサージをすることである程度解消されますが、根本的に解決するには運動することも重要になってきます。

TEETER TOTTERでは、腰痛を根本的に解決するために、次のような流れでアプローチしていきます。

1.身体の使い方、癖などをチェックし梨状筋へ負担をかけている原因を探す
  ※この時点で何らかの疑いがある場合、医療機関の受診をお勧めすることもあります
2.マッサージや鍼などで、過緊張の筋肉(梨状筋、腰など)をほぐす
3.エクササイズでお尻周りの筋肉を使えるようにする
4.自宅で出来るエクササイズメニューを指導
5.週1回~2週に1回ペースで身体・症状のチェック&自宅メニューの更新

<根気よく続けることが大切>
先ほどもお話したように腰痛の85%は画像などでは分からない原因不明のものと言われています。
その中には日常生活で問題がある動き、身体の使い方の癖が原因で腰痛を引き起こしていることも少なくありません。

今までの身体の使い方の癖などを変えていくには時間がかかります。
なぜなら、癖を変えるには習慣を変える必要があるからです。

ですが、エクササイズをやればやっただけ身体は変化してくれます。
TEETER TOTTERのお客さまの多くは、エクササイズとセラピーで原因不明の腰痛を根本から改善されています。
腰痛でお悩みの皆さま、一緒に症状が出にくい身体作りをしていきませんか?
Tuning Therapy(チューニングセラピー)コース
http://www.teeter-totter.tokyo/tuning-therapy

<腰痛でお悩みの方は、こちらのBlogもご覧ください!>
“腰痛予防のための運動を始めたら腰痛が酷くなった → YES or NO”
“ハイヒール = 腰痛悪化、姿勢年齢+10歳!?”
“腰痛に悩む全ての人に共通すること”

Tuning担当 塩川
TEETER TOTTERは、あなたの10年後のアクティブライフを支えます。

~年末年始・営業のお知らせ~
2015年12月29日(火)~31日(木):9:30~17:30(最終受付16:30)
2016年 1月 1日(金)~ 3日(日) :11:00~17:00(最終受付16:00)
1月4日(月) :定休日
1月5日(火)~:通常営業

CATEGORY

  • からだのこと
  • スタッフ日記
  • グッズ&フード
  • 広尾のこと
  • お知らせ